ゴルフ動画でゴルフ上達をめざす。ゴルフの様々な動画をニュースからレッスンまで載せていきます
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告

2010/01/21(木)16:25
インサイドアウトの軌道というと
多くのアマチュアゴルファーの皆さんは腕からうえで
クラブをインサイドからアウトサイドに引こうとします。

こうした方のボール軌道の典型としては
うまくいけばドロー回転のいい球
少し調子が悪ければ軽いひっかけボール
調子が悪ければチーピン、ダックフック、極端なひっかけ

フックとひっかけと言えば相反するスイング軌道のように
感じますよね。
フックはインサイドアウト、ひっかけはアウトサイドインの
ゴルフのスイング軌道だとおもいますが・・・。

ここで大きな落とし穴があります。
インサイドアウトの軌道でスイングしようとしているゴルファーは
手先でしていることが非常に多いのです。
ですから体の動きはアウトサイドインのスイングなのに手はインサイドアウトの
スイング軌道といったまったく相反する動きになっている場合が多いのです。

ですから本当のアウトサイドインのスイング軌道というのは
腕や手先ではなく体全体のひとつのスイングで成り立つものです。
このことを常に念頭に置くことが大切です。

腕は基本的にはあげてさげるだけです。
体の回転に合わせてそれを行うわけですが
肩の開きが多くのアマチュアゴルファーは早すぎます。

胸がバックスイングにいった時点で胸の向きはバックスイングのままで
腕を下してくるくらいの意識が必要です。

その際は下半身で腕を真下に下す意識をするとうまくいく可能性が高いと
思います

広告

スポンサーサイト
2009/11/12(木)15:56
ゴルフのスイングの動作は始動してからフィニッシュまで静止するところはありません。
トップオブスイングでプロのスイングを見てみると止まっているように見えますが、
これは止まってはいません。
アマチュアはとにかくトップで一度スイングを止めているようにスイングを作っていく
人が多いように思いますが、実はスイングは一連の動作で、特にトップの位置に腕が
来たときには下半身は既にダウンスイングに向かっているのです。
これはかなり難しい技術ですが、これが少しでもできるようになれば
飛距離は伸びるでしょう。しかし、柔軟な体と足腰が必要になります。
タイガーウッズのスイング動画を参考に

広告

 | ゴルフ動画でゴルフ上達TOPへ |  Next
Copyright © ゴルフ動画でゴルフ上達 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。